MENU

葉酸の効果について

葉酸は妊活サプリとして注目されていますが、どのような効果があるのか、何に効くのかを説明しましょう。
まず初めに言っておきますが、妊娠しやすくなるなどというサプリではありません。
そうではなくて、健康な赤ちゃんを産むために必要とされる成分なのです。
葉酸はビタミンの一種で、主に核酸やたんぱく質の合成に必要とされる成分です。
ですから別に妊活のみならず普段私たちが生きていくうえでも必須なのですが、妊娠期は当然ながら普段以上に核酸やたんぱく質合成が盛んになっていますから、より多くの量が必要とされるわけです。
さらに、先天障害である二分脊椎症と呼ばれる疾患があるのですが、葉酸が、この障害の発症リスクを減らすことが示されています。
二分脊椎症とは、脊髄や脳に重い障害を引き起こす疾患で、生まれた後も麻痺や運動障害などが残るのですが、葉酸の不足が原因の一つと考えられていて、実際、十分に摂取することで発症リスクを減らせることが分かっています。
そして、注意しなければならないのは、この二分脊椎症のリスクに対して葉酸が効果を発揮する時期は、妊娠4週よりも前と言われています。
つまり、通常、妊娠に気づいてからあわてて葉酸を摂取しても遅いということなのです。
葉酸は、普通の食事中にももちろん含まれていますが、説明したように妊娠期にはより多くの量が必要とされます。
厚生労働省も、妊娠を計画している女性は普段の食事だけでなく、サプリメントで補うことを推奨しています。